ヨガ

【ヨガ】生命力を高めながらウエストがくびれる一石二鳥な胸式呼吸法

呼吸の強さは、生命力の強さ

深い呼吸ができると、身体の隅々まで新鮮な酸素が行き渡り、細胞が活性化します。

対して、浅い呼吸をしていると身体がこわばり、頭もぼおっとして、良い考えも浮かびません。命の灯が小さくなる時も、呼吸が浅く小さくなってきますね…。

というわけで、今回は生命力を強くする呼吸法行っていきます!

この呼吸法は、肺を大きく膨らませて、肋骨の開閉する可動域を広げます。

肋骨の開閉の差が大きくなると、嬉しいことにウエストもくびれてきます!

一石二鳥呼吸法いきましょう。

生命力を高めて、ウエストがくびれる胸式呼吸法

効果
  • 呼吸の癖によるカラダの歪みを矯正する
  • 深く、強い呼吸ができるようになる
  • 内臓の活性化
  • 生命力が高まり、若々しさを保てる
  • 目が覚める
  • 前向きになる
  • ウエストがくびれる
ポイント

肩に力が入らないようにする

立位の際は足を閉じるか、軽く腰幅程度に開く

座位の際は正座か安楽座(胡坐)で背筋真っ直ぐ

大きく4パートに分けて呼吸を感じる(右の前側・後ろ側、左の前側・後ろ側)

動きが小さい部分に空気を入れ込むつもりで吸う

息を吸ったときに、良く動く(ふくらむ)部分と、全然動かない部分があるかと思います。呼吸にも癖があるので、いつも同じ部分を使って呼吸をしがちです。

動かない部分は、いつもそちら側を下にして寝ていたり、かたむいて座っていたりして、縮んでいる方です。

その縮んでいる方に意識をして、息を吸い込むことによって、今の自分の呼吸量以上の空気を吸うことができます。

動かない部分を少しずつ動かすようにして、全体の呼吸量を増やし、生命力を高めていくのです。

風船をイメージして

膨らむ、しぼむの差が大きければ大きいほど、ウエストがくびれていきます。

手のひらで動きをしっかり感じ取りながら行います。

がんばってしまうと肩に力が入って上がってしまうので、肩はあがらないように、ゆったりした気持ちを保ちます。

シャキッとしたいときに

仰向けの腹式呼吸と違って、こちらは身体が活性化していく呼吸法になります。

寝る前よりも、身体をシャキッとさせて動き出したいときに行うのがベターです。

お読みいただきありがとうございました。

ブログ村参加中♪ポチり応援大変嬉しいです♡ありがとうございます♡

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

ツイッター毎日更新中

インスタ・再婚家族エッセイ漫画更新中

ゆるミニマリスト
びび
\ Follow me /

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です