ヨガ

【ヨガ】仰向けで行う基本の腹式呼吸法

ヨガのポーズを行う際には腹式呼吸が基本となります。

日頃、無意識に行っている呼吸とは違うので、慣れないうちは

「はて、お腹で呼吸するって??」となりがちです。

仰向けになって行うことで、お腹が動くのが簡単に分かります。

練習していきましょう。

仰向けで行う基本の腹式呼吸

効果
  • リラックス
  • ストレス緩和
  • 自律神経を整える
  • 内臓の活性化
  • 代謝アップ
  • 睡眠改善
ポイント
  • 足は腰幅程度に開く。
  • 力まない。
  • 吸うときは鼻から。
  • 吐くときは口でも鼻でも自分のやりやすい方でOK。
  • 吸う息と吐く息の長さは1:1 or 1:2。
  • 最初はお腹、背中の身体的な動きに意識を置く。
  • 慣れてきたらイメージングを行う。
  • 吸う時は、体の隅々まで新しい酸素とエネルギーを送り届けるイメージで。
  • 吐く時は、身体の余分なもの、ネガティブな感情など全て吐き出してデトックスするイメージで。
  • 回数を重ねるごとに、身体と意識がクリアになっていくイメージ。

脚を真っ直ぐにするよりも、軽く膝を曲げて行うほうが、アゴがひきやすく腰もラクでお腹の動きが分かりやすいです。

吐く呼吸に重点を置くので、お休みモードの神経・副交感神経が優位になってきます。

緊張しすぎの時、ドキドキして呼吸が浅くなってる時、寝る前に行うと良いです。

心も体も鎮まってくるので、気持ちよ~くなりますよ…。

そのままお昼寝でも就寝でも…。

お試しください(*^-^*)

お読みいただきありがとうございました。

ブログ村参加中♪ポチり応援大変嬉しいです♡ありがとうございます♡

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

ツイッター毎日更新中

インスタ・再婚家族エッセイ漫画更新中

ゆるミニマリスト
びび
\ Follow me /

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です