美容・健康

ピルで月経周期調節~旅行・イベント時に生理を避ける!~

7月に入り、夏休みが目前です。

海、旅行、帰省、フェス(若い!)、デート(ドキドキ!♡)など、様々な楽しいイベントが待ち構えていることでしょう。

宿泊が伴う行事の場合、女性で懸念されるのが、生理がかぶるかどうかです…!

お風呂どうしよう、タオルどうしよう、もし染みてしまったらどうしよう、そもそも生理用品持参した方がいいかな?等、一気に色々心配事が噴き出します。

今日はその悩みについてと、今日から私が服用するピル使用についての記事です。

女性向けですが、パートナーがいらっしゃる男性で生々しい女性事情に免疫があるならばぜひ。

「大変なんだなあ。」と少しでも気持ちに寄り添って配慮してもらえたら嬉しいです。(そして、女性に喜ばれますよ…。(・∀・))

イベント時の生理に伴う心配事

宿泊を伴うイベント時に生理がかぶりそうな場合、前述した通りの心配事が出てきます。

  • お風呂どうしよう

(温泉だったらアウト、お部屋に個別のお風呂はあるの?というか温泉行くのに個別のお風呂に入りたくない。)

  • タオルどうしよう

(身体を拭いた時に、宿泊先のタオル(白)を汚してしまったらどうしよう。ダーク色のタオルを持参するしかない…!→荷物増えるのヤダな…。)

  • 服に染みたらどうしよう

(白は厳禁だ。黒かネイビーのボトムスにしよう。あー、あの服着たかったな…←服装の制約。)

  • 海・プール問題

(生理初日だったら無理。後半だったら、なんとかタンポン使用で遊べるかな?でもヤダな…。)

  • そもそも生理かぶるの?

(タイミングが微妙。来るかもしれないし、来ないかもしれないけど、時期的に可能性があるから一応、最低限の生理用品を持っていこう…あー荷物が増える。)

と、このように細かい懸念事項がつらつらと出てくるのです。

私の生理×旅行の黒歴史

今までかぶってきたことがありすぎて、枚挙にいとまがありません。

大きい残念事例としては、こちらの通り。

沖縄旅行

☞ 出発日の前夜にスタート。え?明日から沖縄だよ…?もう止められない…。

フィジー旅行 ✈

☞ フィジーに到着してステイ先にチェックインした途端スタート。え?フィジーって海で遊ぶことくらいしか予定ないよ?

温泉旅行

☞ 温泉に入りに来たはずなんだけどな…なんだったんだろ…。

ジャストすぎて、むしろ生理が狙ってやってきてるんじゃないか?と疑うほどです。

「旅行だーっ!」と興奮すると、脳からの指令で生理促進分泌物質でも生成されるんですかね。

女はホルモンに支配されていると、事あるごとに感じます。

海を楽しみたい一心でピル服用を決意!

上記の沖縄は、昨夏の出来事です。海の美しさとマリンアクティビティの楽しさに全員がハマり、「今年も行こう!」と8月のお盆休みに沖縄旅行を決めました。

そして思い出されるのが、例の生理事件…。

嫌だ…私だけ部屋で休むとか嫌だ。(生理痛の為、鎮痛剤を飲んで横になったりしました。)

タンポン使用はやっぱり好きじゃない…。こまめに交換に行くのも大変。

生理期間は基本的に身体が怠く、眠たくて、もや~っとします。

そこを精神力と美ら海パワーでワアーっと盛り上げたものの、けっこうしんどかったのです。

今年はあんな思いをせずに、めいっぱい楽しみたい!という気持ちで、生理周期をコントロールできるピルを婦人科で処方していただくことにしました。

沖縄・古宇利島の海。美しさにテンションMAX!

短期的な中用量ピルの服用

避けたい日程を医師に伝えて、お薬のスケジューリングをしていただきます。

私の場合、今回は8月上旬~中旬にかけてが一番避けたい期間。

そして、できれば来週も避けたいという唐突な希望(;^ω^)

1週間後の希望なんて通るのかな?難しければ8月の日程だけ避けられれば…くらいに思っていましたが、さすがはドクター、どちらも叶う服用の仕方を提案して下さいました。

よく耳にする「低用量ピル」ではなく、今回は「中用量ピル」を処方されました。

副作用で吐き気がでやすいとのことで、吐き気止めも同時に。

PMS対策用の低用量ピル

月経周期調節のためにピルを飲むのは初めてなのですが、何年も前にPMS(月経前症候群)を緩和する目的で低用量ピルを服用していたことがあります。

●PMSとは☞知ろう、治そう、PMS 参照

避妊目的で有名なピルですが、様々な用途がありますね。

●ピルの基礎知識☞ピルの効果・副作用……気になるメリット・デメリット 参照

Q:最近、友人がピルを飲み始めました。ピルについて良く耳にしますが、長く飲み続けても体に害はないのでしょうか? ピルに興味はあるので、色々教えてください。

A:お答えしますね。まずピルは、大きく分けて2つの目的で服用されています。避妊目的と避妊以外の効果である副効用目的です。そしてピルは全世界で何と1億人以上が服用している、ひとつの薬の種類の中では最も多くの人に飲まれている薬なのです。

https://allabout.co.jp/gm/gc/303070/ より抜粋

低用量ピルを服用中は確かに穏やかになり、吐き気も起きず、生理のスケジューリングもばっちり、目的は果たしたかのようでしたが…

なんだかぼ~っとして、色々な欲求がなくなったような、若くしてご隠居さんみたいな状態になったのです。

(あくまで個人の感想です。薬を変えれば良かったのかもしれません。) 

「こんなの自分じゃないっ!」となりまして(;^ω^)

その時は3カ月で服用をやめました。

短期間服用と割り切り、旅行を優先

そんな過去があるので、全般的なホルモンコントロールは、ハーブやサプリやヨガや東洋医学などできれば自然治癒力をサポートする形で行いたいところです。

しかし、生理周期は自己コントロールできないので、(特に私は周期が27日~49日と不安定。)今回は薬の力を頼ります!

中用量ピルは初めてなので、どのような影響があるのか少し不安もありますが、

今年は心配なくイベントを楽しめるんだ!という気持ちのほうが現在勝っております。

ひとまず、決められた時間に毎日飲むことを忘れずに3週間続けます!

重宝しているピルケース

おまけに。冒頭写真のこちらですが、私が重宝しているピルケースです。

一週間分。朝昼夕寝る前に分けられてます。

夫がAmazonさんにて見つけてきてくれました。

私の喘息の薬と、娘のアレルギーのお薬を入れて毎日使っています。

曜日別に色分けされており、絵もシンプルでカワイイ。

個別に持ち歩きもできるので、大変便利です♪

お読みいただきありがとうございました。

ブログ村参加中♪ポチり応援大変嬉しいです♡ありがとうございます♡

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

ツイッター毎日更新中

インスタ・再婚家族エッセイ漫画更新中

ゆるミニマリスト
びび
\ Follow me /

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です