旅行

トイレの神様・明徳寺との不思議なご縁

伊豆旅行二日目。

浄蓮の滝を見た後、次の目的地に行くため中伊豆を北に向かっている最中、

車窓からふと見えた大きな文字。

「トイレの神様はこちら」

!!!

これは母がお礼参りに行きたがっていた、あの神様のところ!!!

主人がすぐさま引き返してくれて、お参りに行くことになりました。

祖母のトイレに何十年も貼られていた鳥枢沙摩明王のお札

昨年2018年の秋に、祖母が他界しました。

心臓近くにあった動脈瘤が破裂して息を引き取ったのですが、

それがお手洗いの中の出来事でした。

たまたま母が遠方におり不在で、看取ったのは私でした。

実家を出て20年近く経っていた私がたまたまその時に居合わせたのは、お役目だったのかな、最期におばあちゃんに何かできるチャンスをもらったのかな、と思います。

ドクター曰く、動脈瘤の方はふつうは最期にものすごく苦しむらしいのですが、

祖母は瘤の破裂の仕方により、全く苦しまないで逝けたとのことでした。

これは「トイレの神様のおかげだ。」と母が言うのです。

確かに、おばあちゃんちのトイレの壁には、長年お札が貼ってあります。

怖い顔のお札があって、なんだか入るのが怖いなあ~見られてるみたいだな~と小さい頃から思ってました。

それが、なんと明徳寺で祖母が若い頃にいただいてきた

「鳥枢沙摩明王(烏蒭沙摩明王)」(うすさまみょうおう)のお札だったのです。

入り口を軽く間違えたけど、結果オーライ

そのような訳で、母が「必ずお礼参りに行きたい」と申しておりましたが、実家から明徳寺は300kmほど離れております。さらに正直アクセスのよいところにはありません。

なので、いつ行けることやらという雰囲気だったのにもかかわらず、

自分が通りすがるとは、またなにかお役目としか思えません。

いざ行かん、トイレの神様!

しかし肝心の明徳寺、道路からそのお堂は見えず、どこから入ってよいのかも分かりません。

この看板を頼りに駐車。

ここは、お餅屋さんの駐車場でした。あとでお餅を買おう。

「明徳寺はここから歩いて5分だよ。」

と店主が教えて下さり、畑の中を登って行くと、ありました。

入口

そしてちゃんと専用の駐車場もありました。

明徳寺の境内

3月末、ちょうど桜が咲いていました。伊豆は暖かい。

なかなか広いです。

お参りする所とお授所。お札はもちろんですが、下着などが販売されており、売店のような雰囲気です。
東司=お手洗いなのですね。手前では野菜の販売も…。
トイレのご利益だけではない、ぼけ封じまでも!
おじいさんおばあさんの頭?
連れに高齢者はいないから…と思ったら、
下の2体の像がおじいさんとおばあさんなのですね。
今やっと理解しました。
さすれば良かった。
主人と娘。付き合ってくれてありがとう。

他にも見どころはあったようですが、目的はお礼参りと新しいお札をいただくことだったので、10分程度でお寺を後にしました。お札は2枚入って400円という安さでした…!紙だからかな。

焼き立てのよもぎ餅が美味しかった!!!

お参りが終わったら、駐車させていただいたお餅屋さんで一服。

おじさんが注文後、のんびり焼いてくれます。
お茶が無料!
よもぎって色々身体にいいらしい!
娘は餡入りを、主人と私は磯辺焼きを。
ほんとうに柔らかくて美味しかったです!

畑沿いのベンチで3人でぼや~っと、もにゃ~っとお餅をいただきました。

お天気も良く、あたたかく、ザ・スローライフなひと時でした。


トイレの神様ありがとう

まさか、通りかかって見つけるとは思ってませんでした。

母が大喜びしたので良かったです。

トイレの神様のご加護に感謝して、今日はこの辺で。

ー^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^

お読みいただき、ありがとうございました。

ゆるミニマリスト
びび
\ Follow me /

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です