ライフハック

家事で幸せになる!妻が喜ぶ夫の家事分担ベスト3

妻の好きな家事・苦手な家事

一主婦目線で、夫がやってくれて「嬉しいー!ありがとう!」となる家事と、その理由について書きます。

「やってもらって嬉しい家事」は、奥さんの家事得手不得手によって全く異なってくると思いますので、私の好きな家事と苦手な家事を最初にご紹介しておきます。

好きな家事
  • 洗濯(選別~たたみ~収納)
  • 料理
  • 掃除(掃除機・拭き掃除・トイレ)
  • モノを減らすこと
苦手な家事
  • 食器洗い
  • お風呂・洗面所周辺
  • 食料品の買い出し
  • ストックチェック

等々です。これを見れば、もう次項以降は要らないのでは…と思うくらいですが、早速、やってもらって嬉しい家事・第一位から発表していきます!

夫にやってもらって嬉しい家事

1位 食器洗い

料理を作り終わって食べ終わって、フーーーーーッっとリラックスした後に待ち構える、食器洗いという苦行。自分的には仕事を終えた感がある後に、もう一つ山場がやって来る、そんな感じです。(おおげさ?)

苦手意識をもつのは、そのタイミングのみだけではありません。

私はどうも手先を使う作業が得意ではありません。

(ピアノを弾いたり、絵を描いたり、タイピングは得意なのに…別物。)

皿が手から滑り落ちる、どこかに何かをぶつける、細かいものが掴めない、こんなことがあるため、大小サイズが様々の食器や調理器具を一つ一つ綺麗に洗うのが、私にとってはハードルが高いんです。

以前は食洗機を使っていましたが、相次ぐ転居で現在はちょうど食洗機無しの生活で。(もうすぐ使えるようになる…!)

対して、うちの旦那様は…

「食器洗うの苦じゃない!」と言って、よく洗ってくれます…✨

フルタイム共働きではほとんど洗ってもらっていましたが、専業主婦となった今では「さすがに私の仕事だ…。」と思いやりますが、それでもお休みの日や、私が体調がすぐれなかったり疲れている時には率先してやってくれています。

「洗い物があると気になる💦」

と言って、こちらがまだゆったり食事中にも関わらず、さっさと先に食べ終わって、カウンター越しにじゃんじゃん洗われると、「もうちょっと待って…」となりますが、それでもやっていただける有難さには代えられません。

「汚れたままスポンジで洗うのなんて、絶対ヤダ!」

と言って、水で予洗いをしてから、本洗いに入る丁寧さとか、感動レベルです。

2位 お風呂洗い

このお風呂洗いというのは、バスタブだけではなく、床から壁、シャンプーなどを置く棚、シャワーヘッドから天井、全てを含めて、です。

バスタブをザーッと洗ったり、その際にカウンター部をザーっとスポンジで簡単にこすったり、その程度ならば私も日常的にやっていますが…。

なんというか、彼のほうが綺麗に仕上げてくれるのです。

キュキュッ、ピカっと。

まだお付き合いしていた時に初めて彼の家に行った時、洗面所回りの綺麗さに驚いたことを今でも覚えています。

水滴がない。ホコリや垢がついていない。カラっと仕上がっている。

これまた感動したんですよね。

私はどうも顔を洗うときに肘から水が垂れてしまい、洗面ボウルのみならず、床も濡らしてしまいます。また、ファンデーションの粉とか液とかアイシャドウパウダーとか、とにかくメイク用品の粉系がどうしても落ちてボウルが汚れてしまいます。髪の毛もとかすと抜けて落ちます。

濡れれば拭きますし、粉がくっつけば流したり、必要あればこすっておとしますし、髪の毛は最期にティッシュでとってまとめて捨てます。

やるけど…なんとなく大変。

これがもし、旦那様の汚した分まで掃除…となったら大変だと思います。

夫は夫個人で清掃していてくれてるようなので、綺麗に洗面所が保たれていて、気持ちが良いです。

3位 食料品スーパー買い出し

これは…、意外でしょうか。女性は買い物が好きですものね。

もちろん私も買い物は大好きです。Amazonさんでよく買い物しています。

ルミネも百貨店もドラッグストアも大好きです。でも…

スーパーの買い出しが苦手…(;´Д`)

先日も食料品の買い出しから帰ってきて、疲労と頭痛でいったん寝込みました…。そんくらい苦手…。

もちろん、お買い物リストは作っていくんですよ。

スマホのアプリにリストを携え、カゴに入れたらチェックボックスを完了にして、と、無駄なく回るつもりが…

脳内はこんな感じ☟

「あ、これ安い。買っておこうかな。これを使ったメニューはなんだろ。あ、じゃあ、あれとあれも付け合わせて買ってー、あ、でも重くなるかなあ、持てるかなあ。やめるかあ?やっぱり買っとくかあ?」

「あ、新しい食材だ。試してみようかな。」

「あー、これこないだ減ってたな。あれ?でもそれで買い足したんだっけ?いや、まだ買わなくていいかな?」

そして売り場を行ったり来たり、

「さっきここの列通ったのにー、買っておけば良かった!」

と、同じ通路を何度も通り過ぎるのもストレス。

最初に作ってきたリスト以上に買おうとするから、こうなるのは分かっているのですが、情報量が多すぎて、そうすると考えつくこともどんどん増えて…

最終的にはどっと疲れて帰ってくるのです。

本当に苦手。

私が食料品の買い出しが苦手なこと、カミングアウトする前から、どうやら夫は気付いてくれていたようです。

「なんとなくそうかなあ、と思っていたよ。」

と言ってもらったときには、嬉しさと恥ずかしさで胸中がいっぱいでございました…。

彼はとてもフットワークの軽い男性で、

「お買い物好き!おつかい行く!」

と車でバーーーーッと出かけてくれます。

私はお家で必要なものをリストアップすることは苦ではないので、LINEで欲しいものを送信すればOKで、本当に助かります。

おつかいをお願いしたものの他に、彼が独自目線で買ってくる食材を見るのも楽しくて好きです(*´ω`)

「じゃ、じゃあパルシステムやっていい?✨」(娘が小さい頃はやっていた。)

と打診したところ

「引きこもりを加速させるからダメ!ちょっとは外に出なさい!」

と却下されました。

番外編

ここからは、ますます一般的でなくなってくる気がするので、ランキング外、番外編としてまとめます。

生活雑貨のストック品購入

これは、液体系や大物系、買って運んでくるのに重いものについてです。

商品はこんな感じ

  • 洗濯洗剤
  • 柔軟剤
  • トイレットペーパー
  • ティッシュペーパー
  • ウーロン茶
  • 炭酸水

私はなるべくギリギリまでストックを持たない主義です(ミニマーの端くれだからね。)実際、もうなくなるか、なくなってからサッとそれだけ買いに行く感じです。

でも、無くなりそうな頃に気付けば棚にある…

って最高すぎます。

「気付いてくれてたんだ。買ってくれてたんだ…💕」という喜び。

ほとんどはAmazonで調達しています。

「知ってる?俺んちの隣にAmazonあるから。」(※冗談です)

と、すーぐ買ってます。ほんとに配達早くてありがたいことです。

植物の世話

うちには大小様々、グリーンたちが計7個くらい生息しています。

モールで買ったり、無印で買ったり、色々です。

入居時に1,000円くらいで買ったモンステラが、びっくりするぐらい大きくなって…!!!

「おまえら!解体してやる!」

と言葉は横暴ですが、株分けして、子供たちを新しい鉢に移して、世話をしてくれたのは彼です…。そして今ではその株分けした子たちも、巨体となっています。

その他のグリーンたちにも、水やりをしたり、栄養剤をやったり、霧吹きしたりと、日当たりを変えてやったりと、こまめに手入れをしています。

なんかね、こういうのって奥さんが「植物が好きで…」ってやってそうじゃないですか。うちは母が植物大好きで屋内も庭もグリーンや花で溢れていました。

私も緑は好きですが、彼ほどマメに世話をしないので、買う時には手がかからないタイプのものを選びます。

でも今後は手入れが必要なやつも買って大丈夫そうです( *´艸`)

海から帰宅後の片付け

我が家は海が好きで、夏になると自転車や車で海遊びに出かけます。

潮干狩りも然り。

浮き輪にビーチボール、マリンシューズにビーサン、バケツや熊手…

水着の他にも洗い物は沢山出てきます!

しかも砂がくっついててジャリジャリ。

これをね、全部お風呂場で綺麗に洗ってベランダに干しといてくれるの、最高。

(やっぱり洗い物。彼はアライグマ🦝さんなのだ。)

次にはまた気持ちよく使えます✨

娘の家庭教師

これはうまく分業できています。

  • 夫…数学・理科担当
  • 私…国語・英語担当

お互い大学生の頃に家庭教師をやっており、講師業は好き。

さらに得意科目が被っていないので、ちょうどいい感じで分けることができました。

別宅にいる時は、LINEを使い、オンライン授業を行っております!

塾のサテライトなんちゃらみたいです…(受けたことないけど。)

妻の足爪切り

これはもう家事ではないですが、もうやってもらわないと困るし、義務化しているので記載!☺

彼に足爪を切ってもらうよになってから、ななななななんと!

巻き爪が治ったんです!!!

すごい技術…!器用すぎる…✨

以前、4コマ漫画にしてインスタにあげたものがあるので貼っておきます。

イラスト右側の>記号をクリックすると、次のコマに進めます🎶

https://www.instagram.com/p/BzPDgA6lai0/?utm_source=ig_web_copy_link

家事で幸せになる

どの家事をやればいいのか?

家庭によって、

  • 人数
  • 構成
  • 職業
  • ライフスタイル
  • 各々の能力

全然違うので、共通して「この家事をやると奥さんが喜ぶよ!」という絶対の項目はありません。しかしながら、

  • 自分が快適に過ごすための家事
  • 奥さんが苦手そうな家事

これを見つけてやっていけば、愛する妻に喜ばれること間違いなしです!

お家はエネルギーを養う場所

お家って、エネルギーを充電する場所です。お家に帰ってくるとホッとしませんか?

学校や会社や様々な用事、会合からお家に帰って来た時、そこが癒しの場であってほしいし、その巣作り(場所づくり)をするのが家族の役割の一つだと思っています。

家が快適な状態であれば、英気が養えるし、気持ちがいいものです。

つまり、幸せですよね。

幸せの第一歩は自分の家から始まります。

なにも常に完ぺきにピカピカホコリ一つないように!なんて言う気は毛頭ございません。(私もそんなことを求められたらリュックを背負って飛び出します…)

一つでも家事をすれば、自分も気持ちがいいし、家族も喜ぶ。

そんな気持ちで自分の生活環境を愛でる作業(家事)をしてみたら良いのではと思います。

出来る範囲でね(*´ω`)

夫に感謝を込めて、今日はこの辺で。

お読みいただきありがとうございました。

YouTube【初心者がYouTubeを始める方法・夫婦デート・観光vlog】

ツイッター 【ポジティブな日常・主婦が幸せに美しく豊かになるtips♥】

Instagram☟【再婚家族エッセイ4コマ漫画】

ブログ村参加中♪ポチり応援大変嬉しいです♡ありがとうございます♡

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ


にほんブログ村

ゆるミニマリスト
びび
\ Follow me /

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です