レビュー

【読書感想】『インプット大全』樺沢紫苑・最大限に人生を色濃くする学び方を手に入れる方法がぎっしり!!!

どこから読んでも最大限に活用できる

小説の楽しみ方と違い、この“大全”シリーズの特徴は、どこから読み始めてもOKだというとこと。

自分が必要とする部分を選択して読むことができる、

まさに知りたい情報の辞書的活用ができる。

膨大なhow to inputを詰め込んだこの圧巻の一冊

学び効率が最大化するインプット大全 を目の前にして、軽く圧倒される。

ワクワクすると同時に、これを全部自分の知識にできるか!?という薄っすらとしたプレッシャーさえ感じる。

(のちにこの“全部吸収したい”という構えは間違ったインプット法だと、気付かされることとなるが。)

読み方に個性と工夫を凝らす

この度、私が行った読み方はこちら。

  1. 付箋を準備。琴線に触れたページ、後にアウトプットで使いたいページに貼っていく。
  2. 「はじめに」を読む。(先生のアウトプット量の多さ、インプットの質に改めて驚き、すごく本を読みたくなる心を掻き立てられる!導入が上手いなあ~なんて思う。)
  3. 「目次」を読む。(この本の目次のすごいところは、目次がすでに要約ページになっているところ。ここを読むだけで、How to の一番濃いエッセンス部分にザっと触れることができる。)
  4. 一番読みたいCHAPTERを見つける。(私の場合は、CHAPTER5のINTERNET。自分の生活の大部分を占めているネットとの関わり合いを学びたい。)
  5. 自分の知りたいキーワードがINTERNETの中でも「スマホ」だと気づく。CHAPTERの中でもスマホに関しての記載があるページから読み始めることに決定!
  6. スマホ関連の項目を読み終えた後、CHAPTER5を全て読む。
  7. CHAPTER1に戻り、その後はCHAPTER順に読み進める。
  8. 途中、「ここは今の自分とは違う部分だな」と感じればザっと読みにして意識をいったんローモードに。
  9. わ!これ響くー!!!という部分は勝手に集中力が高まるので熟読。
  10. その際、自分の興味があるキーワードが「スマホ」だけではなく「夫婦関係」だと気づき、夫婦関係の関連ページにも付箋を貼るようになる。(「食」「酒」「遊び」「旅行」「映画」「語学」もヒットワードでした。曼荼羅チャートに今すぐ書き込みたい。)
  11. 読み終えた直後に、感想書き出し。

以上の流れで、このインプット大全と私の関係性ができあがった。

SNS・スマホとの付き合い方

読んでいる間、心が躍った!

新しい知識や教えに出会えることは、喜びである。

しかし、それは自分にとって「快」のフィーリングだけではない。

一番知りたかった「スマホ」の項目については、ショックを受けた。

  • SNSやスマホを長時間使うほど、集中力が低下し、注意散漫となり、仕事効率や学力も下がり、幸福度も下がる。
  • SNSの利用時間が長いほど、孤独感、抑うつは強まり、利用時間が短い人と比べて長い人がうつ病になるリスクは2.7倍高まる研究結果が出ている。

(P180より引用まとめ。)

ガーーーーーーン。

うつになりたくない…。

ではどの程度ならば脳に影響が出ないのか?

アンサーまで書いてくれているのがこの大全。

なんといってもHow to inputの辞書なのだ。

解は、

●SNSやスマホの利用推奨時間は「一日一時間以下」

短い…。思ったよりも短かった。

利用時間を短縮するノウハウも紹介されているので、ギクッとされた方はぜひ参照してほしい。(→p182~p185)

3点インプットの重要性

ここで出てくるのが「3点インプット」の推奨だ。

(p56~p57)

3点インプットとは、情報収集する際に「1.賛成派」「2.反対派」「3.中立派」の情報を取り入れることでニュートラルなインプットをすることである。

前述のスマホに関して言えば、かの有名人である実業家・著作家・投資家・タレントであるビジネス書をバンバン出している「ホ」の付く方がパッと頭に浮かんだ。

私は彼の著書やインタビュー記事もよく読む。

そこには、常に片手にスマホを持ち、インタビューの最中やテレビ収録中であってもスマホを使い、発信や仕事をしている彼の様子が描かれている。スマホ活用法を推奨している。

まさにこれが「反対派」の情報だ。

残念ながら中立派の情報にはまだ出会っていないが、最低でも2点インプットができていれば情報の偏りを是正し、正確な判断ができるようになるとのこと。

メリット・デメリットの情報に触れることができたので、

ここから自分なりのSNS・スマホとの付き合い方を模索していきたい。

妻との関係を良好に保つ方法

夫婦関係について。

これは私が好きなジャンルだ。

まさかINPUT大全でこれ関連の情報を得られるとは思っていなかったため、なんだか得した気分だ!

世の旦那様方には、特にp86~87を熟読していただきたい。

良好な夫婦関係を保つためのエッセンスをここにまとめておく。

  • 夕食の時間、30分だけでいいので、夫が妻の話に耳を傾け共感をする。
  • その際に結論を出したり、アドバイスなど行わない。(求めてませーん!)
  • 会話そのものを楽しむ。
  • 妻の小さな変化に気付き(髪切った時ね、特に。)それを言葉にして伝える。
  • 感動体験を共有して感想を言い合う。映画や旅行など。

著者の樺沢先生は月に一度、奥様とランチがてらのお料理教室に通われているそうだ。

料理で脳を活性化させつつ、「食」のインプット→ 体験のシェア → 一緒にアウトプット。

ここには、夫婦仲が良好である要素しか見当たらない。

理想的な夫婦の在り方である。

インプットとアウトプットはコインの裏表

『インプット大全』の読後、作者の前著である学びを結果に変えるアウトプット大全 (Sanctuary books) を読み返したくなるの読者が多いのは間違いない。

なぜなら、効率を最大化させるインプットはアウトプットを前提に行われるべきだからである。

読書後、間髪置かずにアウトプットを終えたので、今度はまた『アウトプット大全』をインプットしにいこう。

大全シリーズで奇跡が起きた感謝

私は今年1月にアウトプット大全を読んで、生活が変わった。

アウトプットし始めて、色んな奇跡が起きた。

この『インプット大全』を人生初の献本としていただけたことも、奇跡の一つだ。

そんなキッカケを下さった著者の樺沢紫苑先生と、サンクチュアリ出版様に感謝を申し上げて、レビューの締めとしたい。

樺沢先生、サンクチュアリ出版の皆様、ありがとうございます!!!

びび拝

オマケ:この本をいただいた時の喜び漫画を付けておきます。

お読みいただきありがとうございました。

ブログ村参加中♪ポチり応援大変嬉しいです♡ありがとうございます♡

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

ツイッター毎日更新中

インスタ・再婚家族エッセイ漫画更新中

ゆるミニマリスト
びび
\ Follow me /

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です