ライフハック

手帳公式ガイドブックのススメ~手帳を買う前にも買った後にも~調べる・楽しむ・マネする

手帳選定に欠かせない公式ガイドブック

前回の記事、

2020年の手帳選びに向けて~今年の手帳使い方紹介と反省点・改善点~

に引き続き、手帳選びに際しての記事です。

今回は、各種手帳の公式ガイド本について、一挙ご紹介をします。

私は手帳大好きと並列して、手帳ガイドブックも大好きです!

年末が近づくと日経系雑誌で特集される手帳特集の号も大好物であります。

日経ウーマンをはじめ、日経ビジネス、日経トレンディ等々、ふだんは手に取らない男性向けビジネス雑誌にまで手を伸ばします。

どの手帳を購入するか決めるときに、様々なガイドブックを事前に読むことによって、ご自分の手帳ライフの指針が立ちやすくなりますよ♪

現在読みながら検討中、そして今まで参考にしてきた手帳本をレビューします。

ほぼ日手帳公式ガイドブック

ほぼ日手帳公式ガイドブック2020

大御所中の大御所。

たのしい使い方から99種類の最新手帳ラインナップまで、
「ほぼ日手帳」のことがまるごとわかる公式ガイドブックです。

内容紹介より抜粋

ほぼ日を使い始めた学生の頃から毎年楽しみに読んでいます。

こちらは、特にこんな方におススメ♪

  • ほぼ日手帳・初心者さん
  • ほぼ日手帳が好きすぎるさん

たくさんの使用例が載っているので、これから使い始めようという方にはぴったりです。

また、何年か使っていて自分の使い方が定まっているけれど、他の方の使い方を見てマンネリ脱出!という効果もあります。

製造の現場まで掲載されているので、本当にほぼ日手帳のゼロからが分かる!愛が深い人にも満足の内容です。

フルカラーで細かいところまで見てもらいたいコチラの一冊は、電子書籍よりも紙媒体がグーです。

ジブン手帳公式ガイドブック

ジブン手帳公式ガイドブック2020

読み物たくさん

ジブン手帳を使ってジブン自身の進化 がリアルにわかる!
ジブン手帳を使いこなしたくなるユーザーアイディアがいっぱい♪

内容紹介より抜粋

著名人をはじめ、ユーザーさん20名による使用例が書いてあるので、こちらも使い始めには大変参考になります。

個人的には、今年のガイドブックで一番心が掴まれたページは、使用例ではなく“対談”!!

ジブン手帳制作者の佐久間英彰さんと、逆算手帳制作者のコボリジュンコさんとの対談、

手帳で夢を叶える方法

アツすぎる~っ!!!

お二人の対談が読めるなんて…!!!

今年ジブン手帳を使用しており、今から逆算手帳を始めようとしていたところだったので、え??私のためのコラボ対談!?なんて、勘違いしてアツくなりました。数回読み返しました。

こちらが読めただけで、このガイドブックは個人的に満点。

やはり電子書籍ではなく、紙媒体がオススメです。

CITTA手帳公式ガイドブック

CITTA手帳公式ガイドブック

表紙の色がいいっ!

特に女性は、仕事に家事に育児と、多くの役割を同時にこなさなければなりません。そうした毎日では、手帳を書くのが嫌になり、結局真っ白になって終わってしまうのもわかります。
なにより、私がそうでした。一年間、手帳を続けられなかったり、何冊も買い替えたりしていました。CITTA手帳は、まさにそんな私や手帳ジプシーの方のために考案・開発した「ずっと続く手帳」「やりたいことを叶える手帳」です。――(「はじめに」より)

内容紹介より抜粋

出しといてアレなのですが、私が拝読したのは前著の2冊、

時間がなくてもやりたいことがすぐに叶う! CITTA式 人生が輝く手帳タイム

と、

CITTA式 未来を予約する手帳術

こちらです。

2017年に著者の青木千草さんが初めてこちらを出版されたときに、目を付けました(笑)

なぜなら、青木さんはヨガの先生だったから!

あ、同じだ…!(自分もヨガ指導していました。)

ヨガ手帳ではなく、ヨガのマインドに基づいた手帳術だなんて、素敵な方がおでましになった…!と惹きつけられました。

他の手帳本にはなく、興味深かったのは

24時間を「風・火・水」の3つの性質に区切り、一日の中でどの時間に何をやることが適しているのか、を紹介しているところです。

特に朝6時までの心穏やかな時間の過ごし方を提唱してなさっているので、朝活に勤しんでいる方は馴染みやすい考え方ではないでしょうか。

逆算手帳の習慣

逆算手帳の習慣 ふわふわした夢を現実に変える

逆算」とは、夢をかなえる地図とコンパスを手に入れること。 ふわふわ、もやもやは「逆算」でスッキリ解消できます!

旅人が地図とコンパスを大切に持ち歩くように、ビジョンと実行プランが書かれた手帳をいつも持ち歩いて、充実した毎日にしていきましょう。

内容紹介より抜粋

この本を読む少し前から、別の本の影響でオリジナルで手帳に同じようなことを書き(3か月後、1年後、5年後…をイメージングして文書化)実践していた最中でした。

そんなタイミングでこちらの本を読み、「あっ…!これこれ!まさにこれをやってるのよ~♪」と嬉しくなりました。

この系統立てられた、細かいプランニングシートはさすがの一言。

手持ちの自分のノートや手帳でもできるのですが、読むと「逆算手帳」を使ってみたくなります。

このガイド本を読みながら、かなり頭の中で自分の未来が描けます。

大型ムック本も出ていますね。

アクションプランナー・自分を予約する手帳術

自分を予約する手帳術

ラインマーカーしまくった思い出の一冊

毎日が忙しいと思っている人でも、1日を振り返って、やったことを並べてみると、そのちっぽけさにがっかりすることはないだろうか。
本書では忙しさと成果のアンバランスに悩む人々に、自分の「持ち時間」を可視化し、仕事の生産性を上げるための時間管理術を提案する。

内容紹介より抜粋

もう8年も前になるのですね。この本に出会って、アクションプランナーを使うようになってから、本格的にバーティカル手帳が活用できるようになりました。

「時間を面で捉える」「自分を予約する」というのが8年前の私には画期的でした。

やり方を同じにすれば他のバーティカル手帳でもいいかな、とクオバディスを始め、その他様々な手帳で試しました。他と比較してアクションプランナーの秀悦な部分は、30分刻みの幅が広いところ。15分刻みでも文字が書き込めるのです。

何冊かリピートした後、ログを残したいのと24時間軸を使いたくなってジブン手帳に移行しましたが、カバーが何色もあり素敵で、いまだにアクションプランナーを使いたい欲望にかられます。

著者の佐々木かをりさんは、自分時間先取りの先駆者の一人に間違いないです!

コクヨ・キャンパスダイアリー未来を動かす手帳術

未来を動かす手帳術

本書でお伝えするのは、いわゆる「時間を管理する手帳の書き方」ではありません。
手帳に“書く”ことであなたの潜在意識にアクセスし、
あなたの人生を変えるためのメソッド、つまり「マインドの扱い方」です。

内容紹介より抜粋

昨年、本屋さんでフラ~っとしていた時に見つけた一冊。一旦見送ったものの、気になって購入しました。

「コクヨもイチオシ!!」って帯に書いてあるんですよ。バックが強い!!!

著者がメンタルトレーナーの久瑠あさ美さんなので、意識の使い方に重点があります。

  • “マイナスの感情はその日のうちに塗り替える”
  • “マインド・ビュー・ポイントを高次元に引き上げることによって多角的視点を”

など、マインドにビシバシ効くメソッドが散りばめられています。

また、一日24時間で全て完結させずに72時間・3日間で収支を合わせればよい、という考えが新しいです。

読んですぐにマインドワークに取り組みましたが、この3日間で捉える訓練は積んでおりません。72時間で捉えるライフスタイルになれば、その日中に1つto doができなかったとしても自分を責めることはなくなりそうです。試す価値大有り!

一番感じたことは、「久瑠さん、美しいなあ」ってこと(笑)

フランクリン・プランナー3週間実践ワークブック

人生は手帳で変わる 3週間実践ワークブック

フランクリン・プランナー実践入門書。

私にとっては懐かしい一冊。

7つの習慣にハマって、フランクリンプランナーを使おう!と意気込んで八重洲地下街本店 に乗り込んだ数年前…。

「え、どれから使えばいいの?」

「こんなにレフィルがあるけど、はて、どれを買えば?」

「あ、綴じてあるのもあるのね。こっちのほうがお手軽?」

と、まず手帳が買えない(泣笑)。

手帳買う前にまずこのワークブックだわ、と結局手帳を買わずに本を買って帰りました。

この本は書き込み式です。毎日お題が出されているので、1日毎に取り組むのが基本です。

実際にはいっきにやってしまったところや、書けなくて飛ばしたところ、戻って書き直したところがあります。

かなり自分と向き合うワークです。

フランクリンプランナー本体を使う前に行うワークとしては最適です。

【余談】書き込みをしたこの本を久しぶり発見して中身を見たら…

今の自分と全然違う!過去の意識はこんなだったんだなあ、と別ステージに来た自分を感じつつ、ありがとうとサヨナラをしました。

昔このシリーズよく読んでました。

幸せおとりよせ手帳・2度書き手帳術

マンスリー&ウィークリーで幸運を呼び込む「2度書き」手帳術

本書では書き方をちょっと工夫するだけで、おもしろいように幸運を呼び込んで、
思い通りの幸せな毎日を過ごすことができる秘密の法則を紹介しています。
「手帳セラピー」。これがその法則の呼び名です。その根幹は予定を「2度書き」すること。
面倒と思われるかもしれませんが、日々の予定をマンスリーからウィークリーにたった一度書き写せばよいのです。
一日5分手帳を開くだけで、確実に幸運はあなたの手に入ります。

内容紹介より抜粋

こちらも10年近く前に出会った、初めてのさとうめぐみさん本。これを読んで多色ペンを買いに行きました。

その時使っていた手帳に実践していました。

近年はご自身の手帳をプロデュースされているんですね、幸せおとりよせ手帳、なんとも素敵なタイトルです。

“セラピー” “おとりよせ” “多色ペン使い”

うん、ザ・女子向けの手帳であります!

ガイドブックの醍醐味

ガイドブックの使い方は様々です。

  1. 手帳を買う前の足掛かり
  2. 手帳を買ってから使い方の参考
  3. その手帳は買わずともエッセンスだけ取り入れる

現在9月末、手帳出版ラッシュのこの時期ですから、①の使い方が多いですね。

「この手帳買おうかな、どうしようかな。」とちょっとでも迷うものがあり、もしそれにガイドブックが出ているようならば、ぜひぜひ目を通すことをオススメいたします。

また、特にガイドのない手帳の場合、冒頭でもお伝えした通り年末に向けて手帳特集を組む雑誌が増えますので、そちらを見てみると楽しいですよ~♪

さ、私もここら辺で2020年の手帳を決めますよ。

次回の手帳記事の際には「この手帳買ったよ」がお伝えできるかと!

それでは、また(^^)/~~~

お読みいただきありがとうございました。

ブログ村参加中♪ポチり応援大変嬉しいです♡ありがとうございます♡

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

YouTube【初心者が簡単に始められる YouTubeの作り方】

ツイッター 【ポジティブな日常・主婦が幸せに美しく豊かになるtips♥】

Instagram☟【再婚家族エッセイ4コマ漫画】

ゆるミニマリスト
びび
\ Follow me /

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です