料理

【時短料理】かんたん肉おから炒飯

今回はクックハック。お昼ご飯に、必要に迫られてものすごい速さで炒飯2品を作りました。まずそのうちの1つをご紹介します。約10分でできる、時短料理です。

もはや料理もミニマム化。

肉おから炒飯(糖質オフ・ダイエットにも◎)

【材料】※ かなり適当で大丈夫です。冷蔵庫にある分で。
・豚ひき肉(適量。今回は150g程。)
・生おから(食べたい分だけ。)
・冷やごはん(適量。白米でもなんでも。今回は雑穀米をお茶碗一杯分。)
・卵(1~2個)
・ねぎ(長ネギを好きな分だけ。)
・生姜(1かけら程度)
・お好きな野菜(無ければ無くても良し。今回は椎茸の石突4本。捨てずに取っておいたやつ。)

【調味料】※こちらもお好みの量で。
・油 or ごま油
・中華だし(鶏がらスープの素でもウエイパーでも。うちはシャンタン。)
・塩コショウ
・食べるごま油(無くても大丈夫。あればぜひ!)

【手順】
① ねぎ、生姜、野菜(あれば)を刻みます。
② 卵をボールに溶いて、その中にごはんを投入し、混ぜ合わせます。卵かけご飯のようになります。
③ フライパンに油を敷き、①を炒めます。
④ 生姜の風味が出たら、ひき肉を炒めます。
⑤ 肉に火が通ったら、②と生おからと調味料を一気に入れて炒めます。

ご覧の通り、急いでいた為大きめに切ってます。
みじん切りではなく小口切り程度。

以上です。大雑把に作って大丈夫です。約10分で完成。刻む野菜が少なければ10分以下でいけます。

完成!中々美味しいよ♪

レシピが生まれたストーリー

この時短料理を作った昼、先に海鮮チャーハンを作りました。春休みで家にいる娘が「お腹減った、お腹減った」と連呼するので、まず前述の一品を急いで作りました。

時間を見ると、ちょうどお昼時。少し炒飯が残ったので、近くで勤務している夫に「食べに来る?」と連絡したところ、お昼休みに帰ってきました。

お皿に盛りつけると、どうも男性に出すにしては量が足りません。娘にかなり盛っておいたので、「少しお父さんの分、わけてちょうだい。」とお願いしたところ、なんとも不機嫌に!(なんという食い意地!私に似てしまった。)

「もっと食べたかったのに…!!!ぶつぶつ」と文句を言う娘。なんならお代わりをしようとしていた模様。そこで代案として「もう一種類チャーハン作るから!すぐ作るから!」ということで生まれたのが、この肉おから炒飯です。ほんとに冷蔵庫にあった、ありあわせで作りました。おからを入れたのも、実は冷凍ご飯のストックが足りなかったからなのです。

夫が昼休みの間、家にいられるのは20分程度。せっかくなら2種類目の炒飯も夫にも食べてほしい。というわけで10分で仕上げられるものにしました。ギリギリ仕上げ、3人でお昼ご飯を食べることができました。娘のいら立ちも落ち着き、「満足!」と笑顔。ほっ。

新レシピは、切羽詰まった環境下で生まれるということが分かりました。

人間、制限が入ると知恵を絞るものですね。

お忙しいときの一品にご参照いただければ幸いです♪

ゆるミニマリスト
びび
\ Follow me /

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です