ミニマルライフ

買い物前のストック確認でもたらされるメリット

子供服って増えやすい

娘が「春服が欲しい!」と言うことで、今日は一緒にお買い物に行ってきました。11歳の娘(2019年4月現在)は、ちょうど思春期。ファッション、お洒落が気になるお年頃となりました。

子供服って、どうも買いすぎてしまう傾向があります。理由として、

  • 一着の値段が大人のモノより安い(生地が少ないですしね。)
  • どんどんサイズアウトをしていくので、成長に合わせて買い替える必要がある。
  • 小さくて場所を取らないから、収納しやすい
  • 買ってやりたい親心

などが挙げられます。また、お下がりをいただいて増える、なんてこともありますね。

しかしながら、ミニマリストの端くれである自分は、娘にこそ小さい頃から

  • スッキリ暮らすのがスタンダード
  • 自分の持ち物を把握し管理する

を身につけさせたく、服を増やしすぎないように配慮してきました。

現在、彼女の洋服量は、春夏秋冬合わせて衣装ケース5つ分となりました。(学校の体操着や水着、下着類も全て含む)※冬物のコート2着とスキーウエア1着はハンガーかけ。ケースにもまだ空きスペースがあるので、まあまあ合格ラインですが、まだ減らせる余地はあるとみてます。

さて、冒頭の話に戻ります。

子供服をむやみに増やさないために、まずは現状把握

今回は「春服が欲しい」が理由のお買い物なので、まず現在の春物のストックを一緒に紙に書き出すところから始めました。

見づらくてすみません。左端から 服の種類、枚数、色を書き出しました。

結果、「けっこう持ってるね。」ということに娘自身が気付いたのです。(やったー!)

ただ「服を増やさないで!」と頭ごなしに言うと、子供の心には不満と反発心が残ります。なので、このように本人が納得して、服を買う必要性を感じないというのは重要ポイントです。

そのうえで、本人が欲しいもの、必要だと感じるものを下記のように、ふせんで追加しました。

このように、今回は服は十分にあることが分かったので、小物メインで買うことになりました。

そして実際に買ったものがこちら!

リュック(予定通り)

スニーカー(予定通り)

ベルト(必要だったことを思い出した。)

キャップ(予定外だけど、本人のおしゃれ心を重んじた。この辺がゆるい。)

イヤリング(上に同じ。女子だからね。)

以上5点です。当初、ふせんに書いた「デニムシャツ」は本人が予算を考えて「要らない!」と言い、購入しませんでした。

結果、洋服は増えなかったのです。紙に書き出す前は「洋服めっちゃ欲しい!」と言っていた娘でしたが、現状把握して自分の予算を考慮した結果、服は買わずに小物を買い、満足感たっぷりとなりました。ゆるミニマリストの母としても満足です(笑顔)。

ショッピングに行く前のストックの書き出しは、買いすぎ防止、定数管理に大変有効です♪

おまけ

春物の書き出しをした際、仕分けをするために同時進行で別紙に秋冬物も書き出しました。

こーんなにあるからもう来季はいらないね!!!ってことになりました。

どうなるかなあ。。。


ゆるミニマリスト
びび
\ Follow me /

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です